スポーツ傷害(テーピング)

スポーツをしているお子さん、学生さん、スポーツ選手(プロ・社会人)からシニアの方までスポーツ外傷・傷害を中心に、一般施療・リハビリ・保険外施療など、菅沼接骨院では患者さんの症状に合わせた施術をしています。

一度だけの施療ではなく、トレーナー接骨院として体質や状況をよく理解したうえで、施術を行います。

スポーツ外傷・傷害でお困りの方はお気軽に菅沼接骨院までご相談ください。

テーピング

スポーツ傷害の施療

小・中学生・高校生などの学生をはじめ、スポーツアスリート選手まで、菅沼接骨院ではスポーツ選手をこれまでに多く施療してきました。
スポーツ傷害の場合怪我の場所によって、包帯テーピングでの各種固定、プラスチックギブス金属副子(アルフェンス)を施します。

骨折、脱臼などの場合でも菅沼接骨院へご相談ください。
提携医療機関へ連携しておりますので、 診察・レントゲン確認後のリハビリ等もご安心ください。

スポーツが好きな皆様の為に、施療からスポーツ競技・社会復帰のサポートまで、 親切・丁寧に行いますので、菅沼接骨院にご相談ください。

テーピング

テーピングとは、スポーツ選手が痛みや負傷を予防、もしくは負傷した部位の悪化を防止するために、関節・筋肉などにテープを巻いて固定することをいいます。
捻挫骨折などの際に、救急措置としても施されます。

菅沼接骨院では、スポーツによる痛み・負傷だけでなく、施療の対処法の一つとして、さまざまなテーピング方法を取り入れております。

スポーツ傷害は菅沼接骨院へ