交通事故施療

交通事故に遭った直後は興奮状態にあることから、痛みを余り感じず大丈夫だと思っていると、後になってむち打ちの痛みしびれなどの症状が出てくる事があります。
そのまま放っておくと、治ったと思っていた数年後に後遺症が発症する場合もあります。

とくにむちうちは事故後2~3日後に発症することが多いため、事故直後に自覚症状が無くても、まずは病院の診察を受けましょう。

交通事故に遭ってしまい、わからないことがありましたら、まずは名古屋市天白区の菅沼接骨院にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください。

交通事故施療は菅沼接骨院へ

交通事故に遭ってしまった場合

交通事故に遭ってしまった場合は、所轄警察署への連絡後に実況見分が済みましたら病院に行き、体に異常がないかを精密検査をしてもらってください。
事故直後は大丈夫でも数日後に痛みだし、むち打ちの症状または骨折していたという場合もあります。

目に見える症状の他にも体のどこかに重傷を負っていることもあります。
まずは病院に通院し、レントゲンMRIなどの精密検査を受けましょう。

交通事故

被害者の方の施療費

事故相手の保険で事故施療費0円で施療できます。

交通事故施療をするにあたって、心配なものが施療費です。

交通事故に遭った場合は、事故の相手が加入する自動車保険の「自賠責保険」と「任意保険」を使って施療費を払うことになります。
交通事故の施療費は、菅沼接骨院が保険会社に直接請求しますので、窓口負担も「0円」ですみます。

自賠責保険

■次のような場合は、まずご相談ください
健康保険が使えない場合
交通事故相手が自賠責保険・任意保険の両方とも加入していない場合
交通事故相手が任意保険に加入していない場合(自賠責保険のみの場合)

交通事故施療は菅沼接骨院へ

名古屋市天白区を始めとする広いエリアの施療実績

菅沼接骨院では名古屋市天白区を中心に名古屋市緑区などの近隣地域の患者さんや、会社帰りの立ち寄り患者さん、また土曜日・日曜日の施療を行っているため近くに土日施療の接骨院が無いエリアの患者さんなど、幅広いエリアからのご来院をいただいております。

■患者さんの主な来院実績エリア
名古屋市天白区緑区昭和区瑞穂区千種区豊明市日進市、みよし市、東郷町 など

名古屋市天白区の交通事故施療 菅沼接骨院

交通事故後に最も多い症状は「むちうち症」

頚椎捻挫(けいついねんざ)と呼ばれる首のケガの総称であるむちうち症は、首に衝撃が加わったことによる頚部の捻挫で、筋肉や靭帯などが伸びてしまったり、断裂している状態です。

このような症状で悩んでいませんか?

首の痛み めまい 耳鳴り 食欲不振 頭の痛み 目の疲労 吐き気 首筋・肩・背中・腰のこりや痛み

むち打ち症

上記のような症状がある場合は、菅沼接骨院にお問い合わせください。
むち打ちは、患者さんの症状によって施療方法や期間が異なってきます。
ひとりひとりと向き合って、回復を確認しながら丁寧に施療いたします。

交通事故施療は菅沼接骨院へ